福岡でピアノ教室を選ぶ際には、通う目的を明確にしましょう。
とりあえず何か子供に習い事をさせたいといったケースはもちろん、教養を身に着けたり、情操教育のためなのか、音楽の成績が悪いから音楽の知識やスキルを身に着けさせたいのか、それとも、子供の才能を見込んで将来音大進学やピアニストを目指したいのかによって選び方が異なってきます。
お子さんの年齢や経験の有無も選び方に影響を与えます。
全くの未経験で初めてピアノを習うケースで、とりあえず習う、教養や情操教育のためというのであれば、比較的近い場所にあって通いやすく、先生も優しくて、月謝などの費用も比較的安いところがおすすめです。
音楽の成績を上げるためや、学校の行事などで伴奏などの代表に選ばれたいということなら、通常のピアノレッスンにプラスして、ソルフェージュなどの音階指導や音符の読み書きのレッスンにも力を入れているピアノ教室がいいかもしれません。
もちろん、一般的なピアノ教室でも入会する目的を話して相談すれば、教則本に沿ったレッスン以外にソルフェージュなどの指導もしてくれます。
これに対して、小さいころからピアノを習い始め、お子さんが将来、音大を志望するようになったり、才能があることが分かってコンクールやコンテストへの出場、ピアニストになりたいという夢が出てきた場合には、現在のピアノ教室からの切り替えを検討するケースも出てくることでしょう。
志望する音大にもよりますが、音大進学やコンクール入賞、ピアニスト志望の場合、1日何時間もの練習量やハイレベルな楽曲の演奏スキルを求められます。
一般的なピアノ教室ではレッスン時間などの制約もあり、先生の能力的にも指導が難しい場合があります。
ご自身でネットや評判を確認して選ぶほか、現在指導を受けている先生に相談すれば、信頼のおける先生を紹介していただけるケースもあります。
音大合格やコンクール入賞実績のある先生を慎重に探すことが大切です。